命をつなぐ

みなさん、想像してみてください。
この世の中から運送というサービスがなくなったら…

運送の素晴らしさを実感したのは、平成5年にヤマト運輸に入社し18年目に起きた2011年3月11日に発生した巨大地震と大津波が引き起こした未曾有の大災害「東北大震災」でした。
会社の指示を受け救援部隊の一員として宮城県気仙沼市に配属されました。
配送拠点に全国から次々と送られてくる救援物資、衣食住にかかわるありとあらゆる物資が大型トラックやトレーラーで次々に運び込まれてくる。
日本中の企業や自治体、個人の皆さんの心ある物資がどんどん送り込まれてくる光景をみて私は、「日本もまだまだ捨てたもんじゃないな」と思うと同時に目頭が熱くなったことを覚えています。
被災当初は、その物資を自衛隊が各避難施設の隅々まで配送する役目を担っていましたが、物資が全避難施設に行き届かず1日1便行くのがやっとの状況で被災された方々が大変困っていました。
そこで自衛隊に取って代わって指揮したのは民間企業である「ヤマト運輸」でした。日本の隅々の家庭まで配送するノウハウを活かし気仙沼市全避難施設に1日3便、時には4便配送するまでに至りました。
普段の配送業務では全く気付くことのない「運送の大切さ」に「命をつなぐ仕事をしているんだ」と気づかされた忘れることができない出来事でした。
これから日本は少子高齢化の波にさらされ当たり前のことが当たり前にできなくなる時代に突入します。
この尊い職業に四半世紀携わってこれたことを誇りに思い次の若い世代へと繋いで行くことが私の使命であると思っております。
「運送」とは命を救う仕事である反面、命を奪う可能性のある仕事でもあります。安全とは何か常に向き合い日本の快適な生活と安全な社会の実現に貢献できる企業を目指してまいります。

代表者 村里 和孝

会社案内

こんなお悩みございませんか?

  • 配送エリア拡大により、急きょ増車が必要だ
  • イレギュラーが発生し、どうしても今日中に荷物を届けたい
  • 社員の労働時間を緩和したい
  • 営業マンの配送業務をなくし、営業に専念させたい
  • 忘れ物を届けてほしいなど、個人でも依頼がしたい
  • 急に社員が欠勤になった
  • 急な車両故障で、車が大至急必要になった

そんなお悩みを皆様のニーズに合わせて解決します。

詳しくはこちら

求人情報

求人情報

本気の方、是非ご応募ください。
自分の働き方を探しませんか。

求人情報

配達依頼について

配達依頼について

依頼の際の料金や配達依頼の
流れを記載しております。

配達依頼について

お客様の声

お客様の声

ニッポンIC物流を利用していただいた
お客様の声を紹介しております。

お客様の声

会社概要

会社名
ニッポンIC物流
所在地
〒481-0038 愛知県北名古屋市徳重吉原65-5
TEL
0568-27-2332
FAX
0568-27-2331
電話受付
24時間 / 年中無休

お問い合わせ

TEL 0568-27-2332
【電話受付】24時間 / 年中無休

LINE

お問い合わせ